笠懸鹿で住宅全焼、焼け跡から遺体、家人か

 19日午後5時半ごろ、みどり市笠懸町鹿、無職岩崎正典さん(72)方が燃えていると近所の男性から110番通報があった。木造平屋建て住宅約140平方メートルを全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。

 桐生署によると、岩崎さんは1人暮らしで、連絡が取れなくなっている。遺体の身元確認と出火原因を調べている。

 近所の男性(73)は「火災に気づいて岩崎さん方に行き、『火事だぞー』と叫ぶと、風呂場の方から『動けないんだ』と返事があったが、火の海で助けることができなかった」と肩を落とした。岩崎さんは病気の影響で視力が低下し、不自由な生活を送っていたという。

 現場は県道大間々世良田線沿い、セレモニーホールはなりきそば。

関連記事: