小正月寒波、スリップ事故多発

 桐生地方は15日、強い寒波の影響で、平地でも未明から断続的に雪が降った。この影響でスリップによる交通事故が多発し、厳しい冷え込みで水道管の凍結も相次いだ。

 桐生市消防本部が敷地内(元宿町)で観測した最大積雪量は15日午前8時時点の3ミリ。同市相生町では2センチほど積もった所もあった。

 桐生署によると、スリップによる交通事故は15日午前0時から16日午前8時までの間に計15件発生し、うち人身は1件(2人軽傷)、物件が14件。大半は夏用タイヤだった。

 桐生市消防本部によると、雪の影響による救急出動は交通事故の1件だった。

 桐生市水道局によると、水道管の凍結などで指定給水装置工事事業者に依頼があった件数(集合住宅除く)は15日4件、16日1件だった。

 前橋地方気象台によると、桐生市(元宿町)の最低気温は15日が氷点下3・7度、16日は今冬最低の同5・4度で、氷点下は5日連続となった。

 17日も強い冬型の気圧配置が続き、県南部はおおむね晴れるが、山地を中心に朝まで雪が降る見込みで、気象台は交通障害や路面の凍結などに注意を呼びかけている。

関連記事: