iPad、絵で飾ってみて 「絵画織」技術でケース製作

 絵のように細密な柄を織りで表現する「絵画織」の技術で和装メーカーのアライデザインシステム(桐生市境野町六丁目、新井伊知郎社長)がタブレット端末「iPad(アイパッド)」ケースを製作した。帯以外に用途を広げるため、市販を目指している。

 東京都内で9日まで開かれた繊維産地桐生の総合展示会「2017桐生テキスタイルプロモーションショー」に参加した同社。展示会に向けた打ち合わせの中で、外国人向けも視野に入れた新たな需要開拓のアイデアとして、iPadケースを提案され、試作した。

 日本画や浮世絵を織り柄のモチーフにしている。一番大きなサイズは11インチ(約28センチ)サイズのノートパソコン「マックエア」と共用できる。

 新井社長は「帯幅とマックエアの幅がちょうど合う」と話す。

 既にブックカバーを商品化して売り出している。

 同社長は「和装品オンリーだと市場が限られる。織物を生かすため、新しいジャンルとして挑戦していきたい」とも話している。

関連記事: