次につなげる

 山の緑が“初夏色”になってきた。汗ばむ日もしばしば▼足利担当として先月も本欄で話題とした国重要文化財の刀を展示した「山姥切国広展」。このほど、その実施結果を足利市がまとめた。3月4日から4月2日までの間、足利市立美術館を会場に実施。入場者は3万7820人。前年度の同美術館の入館者数が2万4885人というから、わずか1カ月で前年度1年分の約1・5倍をたたき出したことになる。経済効果は宿泊、飲食、物品購入、交通費などで約4億2000万円という▼約3500サンプルを集めた来場者アンケートではこの特別展について「非常によい」が最も多く81・5%、「良い」を加えると約98%が「満足した」という結果となったから驚きだ。その理由は「市民のみなさんがあたたかく迎えてくれた」「工夫を凝らして快適に過ごせるようにしてくれた」との感想をみると理解できる▼背景には入念な準備や開催期間の臨機応変な対応など、関係者の工夫や努力があったからだと思う。かかわった人にとってもこれから仕事をしていく上での財産になったに違いない。ここでの経験を次にどうつなげていくか同市では検証をしているようだ。(

関連記事: