事業費200億円超、早期導入困難 上電のLRT可能性調査

 上毛電気鉄道(本社前橋市)の沿線3市(桐生、みどり、前橋)でつくる上電沿線市連絡協議会(会長・山本龍前橋市長)は8日、経営難が続く上電の再生策として検討した次世代型路面電車「LRT」(ライトレール・トランジット)導入の可能性調査の結果を公表した。上電の起終点である西桐生駅とJR桐生駅を新たな軌道で結ぶなどした場合は220億~239億円の事業費がかかると試算。これを賄うだけの乗客の伸びを見込むのは困難で、LRTの早期導入は難しい状況が浮き彫りとなった。

 調査は同協議会が前年度にコンサルタントに委託して行い、8日に非公開で開いた総会で結果を報告した。

 事務局の前橋市交通政策課によると、LRT導入区間として(1)JR前橋駅―上電中央前橋駅(1キロ)(2)JR前橋駅―上電大胡駅(9・3キロ)(3)JR前橋駅―JR桐生駅(26・7キロ)―の3パターンを想定し、それぞれの概算事業費や必要な需要量などを検討した。

 その結果、最も短い(1)では118億~122億円、全線LRT化となる(3)では220億~239億円の事業費がかかると試算。LRTの車両は1台約3億円で、パターンによって4~13台を導入するとの想定だが、事業費の多くは既存の道路にLRTの軌道を新設するのに伴う道路拡幅・整備費が占めるという。

 採算面では、現状の乗客数が1日あたり4310人(2015年実績)なのに対し、(3)を維持するには同5300~7400人が必要と試算。県の調査では20年後には同3600人にまで減るとの推計もあり、同協議会は引き続きLRT導入による乗客増の可能性などを調べる方針で、「沿線地域のまちづくりと合わせた長期的、総合的な視点で協議する必要がある」とまとめた。

 上電では、今年度中に策定する次期「上毛線再生基本方針」(18~22年の5カ年計画)で、老朽車両の更新が重要課題となるが、調査結果により、同方針でLRT導入を打ち出すのは困難な状況だ。

 桐生市では、西桐生駅とJR桐生駅の連結は長年の懸案となっており、上電の再生策として浮上したLRT化に期待する声もあるが、莫大(ばくだい)なコストや厳しい需要予測を前に、議論がさらに先送りされそうだ。

関連記事: