桐生ファッションウイーク、改革着手へ

 10月27日~11月5日までの会期で開かれる第22回桐生ファッションウイーク(FW、実行委員会主催)の実行委会議が12日、桐生商工会議所会館で開かれた。参加希望者らを前に、実行委側から「単なるイベントの集まりではなく、桐生の産業の魅力を表現し伝える新しいファッションウイークに変えていきたい」との方針が示された。

 西坂一夫実行委員長は、FWの立ち上げの経緯から現在までの流れを出席者に改めて説明した上で、「今までのFWの考えを基に『終わりの始まり』にしたい。上手に新しいことにチャレンジしたい」と方向性を語った。

 「産業の魅力を表現し伝える」ための具体策として、主会場となっている有鄰館の利用法に言及。出展内容に応じ、10月後半と11月前半の週末に区分する案を示した。

 また、例年パンフレットへの掲載内容の提出の期限を守らなかったり、開催時間を明記しないなど不正確な記述が目立つため、「今回から締め切りを守らなかったり、内容に正確さを欠いた出展者は掲載しない」旨を明言し、注意を呼び掛けた。

関連記事: