群馬2区、3氏が第一声 衆院選

 第48回衆院選は10日、公示された。「自民党・公明党」「希望の党・日本維新の会」「立憲民主党・共産党・社民党」の3極が争う構図で、5年弱に及ぶ安倍政権の是非が問われる。桐生、みどり両市を含む群馬2区では正午までに、希望の党前職の石関貴史(45)、自民党前職の井野俊郎(37)、共産党新人の長谷田直之(61)の3候補が届け出を済ませ、第一声を上げた。2区の9日現在の有権者数(在外含む)は計33万7862人。投票は22日で、即日開票される。

 2014年12月以来2年10カ月ぶりの衆院選。定数は小選挙区が「0増6減」で289、比例代表は「0増4減」で176となり、戦後最少の計465議席。安倍首相は勝敗ラインを「(自民・公明の)与党で過半数」としており、233議席をめぐる与野党の攻防となる。

 経済政策「アベノミクス」の継続や、消費税率10%への引き上げに伴う増収分の使途見直し、憲法9条改正、北朝鮮への対応などが争点。自公と希望は増税では対立するが、改憲の方向性では一致。立憲と共産は改憲に反対し、自公と対決姿勢を示す。増税は希望とともに「凍結」を訴える。

関連記事: