相生三で住宅など全焼 隣接2棟にも延焼

 30日午後0時50分ごろ、桐生市相生町三丁目、建築業高田保夫さん(59)方から出火、木造2階建て住宅約160平方㍍と、併設の木造平屋建て作業所約40平方メートルを全焼、隣接する木造2階建て住宅2棟のガラス戸や網戸、軒などを焼き、約1時間半後に鎮火した。けが人はいなかった。

 桐生署によると、高田さんは1人暮らし。出火当時は仕事で外出していた。南側の作業所の屋根が焼け落ちるなど作業所の焼け方が激しかった。国道122号を車で通行中の男性が119番通報した。

 現場は桐生市民体育館の東約200メートルの住宅地。同署が出火原因を調べている。

関連記事: