星野さん見事、全日本中学生英語暗誦大会で連覇

 星野騎士(ないと)さん(四ツ葉学園3年)=みどり市大間々町高津戸=が、英会話学校ECCの全日本中学生英語暗誦(あんしょう)大会で連覇を果たした。昨年は中学2年の部で1位に輝き、副賞でオーストラリア旅行を体験した星野さん。中3の部に出場した今大会でも1位を獲得、自信をつけて「ハリウッドで活躍したい」との夢を描いている。

 星野さんは3歳からECC川内二丁目教室で澤田実幸先生の指導を受けており、大間々北小から4歳上の兄と同じ四ツ葉学園へ。部活も英語部だ。ほかに空手道場に通い、ピアノのレッスンも受けている。

 大阪市で11月に開催された全国大会には、県大会で優勝し2次予選で選ばれて、2年連続での出場。課題文は三つの中から「姫路城」を選び、「演技力より発音に気を付け、自分の考えを言っているような表現を心がけました」。レベルの高い全国大会は「最初からテンションを上げていった」という。出来は「90%くらい」だったが見事1位を獲得した。

 昨年の副賞で出掛けた初めての海外旅行は、オーストラリアのゴールドコーストに2週間。即クラス分けのテストを受けてみっちり語学研修を受け、ホームステイも。「観光より英語を学びたかったので、遊べなくてもよかった。ECCはアメリカ英語なので、オーストラリアでは通じなかったりわからなかったり、いい勉強になりました」と振り返る。

 「小さいときからジョニー・デップが好き。尊敬してます」。夢はハリウッドで映画俳優になること。現地の人たちと同じ土俵でオーディションを受けるつもりで、英語はもちろん、ピアノで表現力を磨き、空手で心身を鍛錬し、自活できるよう家事も身に付けていくつもり。「心が折れない自信、あります」と頼もしい。

関連記事: