クリスマス、各地で楽しく

 桐生市中心商店街で25日、お笑いコンビ・ワンクッションや一般参加者がサンタクロース衣装でごみ拾いを行った。同コンビが主催し、冬休みに入った子どもたちなど約15人が参加。末広町通りや本町通りを歩き、空き缶などのごみを拾い集めた。

 同コンビが2015年からクリスマスに取り組んでいる清掃活動で「プレゼントを配り終えたサンタが空いた袋でごみ拾い」がコンセプト。

 参加者は全身仮装や一部仮装などで参加し、強風に負けず元気よく行進。「ごみあるよ」と声を掛け合い、たばこの吸い殻や落ち葉などを拾った。

 ワンクッションは「平日だけど予想以上に参加してくれて感謝です。来年もやります」と話した。

関連記事: