事故も火災も昨年は過去最少

 桐生警察署管内の昨年(1~12月)の人身交通事故(速報値)は626件、発生から24時間以内の死者は2人、傷者は812人で、件数と傷者は1953年以降の統計史上最少だった前年を更新し、死者は3年連続で最少タイの2人にとどまった。

 人身事故は前年に比べ164件、傷者は164人それぞれ減少。物損事故は2970件で、同57件減少し、人身と物損を合わせた交通事故は3596件で、同221件減少した。

 県内の死者は67人で、過去最少だった前年より5人増え、2番目に少なかった。

広域体制以降で最少の発生57件

 桐生市消防本部管内の昨年の火災発生件数は57件で、広域消防体制になった1976年以降で最少だった2015年の63件を更新した。

 内訳は建物35件(桐生28、みどり7)、車両5件(桐生4、みどり1)、林野1件(桐生)、その他16件(桐生7、みどり9)。

 前年(65件)に比べ建物は5件、車両は1件、林野は3件それぞれ減少し、その他は1件増えた。

関連記事: