若者目線でバスマップ、桐商高生が市とタッグ

 桐生商業高校情報処理化3年生4人が、おりひめバスの路線ごとの観光案内「おりひめバス路線マップ」を作成した。梅田・境野・相生・広沢の4線の時刻表やバス停、人気スポットなどをそれぞれに紹介している。市のホームページ(HP)に掲載され、生徒らは「若者目線で作りました。たくさんの人に使ってほしい」と話している。

 作成したのは関陽介さん、横倉琢人さん、石原皐太郎さん、山田武蔵さんの4人。「総合実践」の授業の一環。

 4人は9月に案をまとめ、4路線に絞ってそれぞれ1路線を担当し作成を開始。当初は「完成品を紙媒体にしてバス内に設置できれば」と考えていたが、市の情報提供を仰ぎつつパワーポイントで作成していると、途中で市から「HPに掲載したい」との要望を受けた。それから4人は質の向上に注力。改良を重ねて完成に至った。

 完成したマップは各路線4㌻で、乗車料金、バス停、時刻表が案内され、その付近にある名物や名所をそれぞれ5、6カ所、写真と文章で紹介している。

 梅田線は新桐生駅から梅田ふるさとセンターをつなぐ路線で、マップでは藤屋本店(同市本町一丁目)や清風園(梅田町五丁目)などを紹介。マップの背景も梅田の自然を使ったりして、その路線の雰囲気が感じられるデザインに。

 「市の協力もあって、当初のマップとは見違えるものができた」と横倉さんは満足。石原さんは「長く使えるように形として残ってほしい」と話している。

 マップは市のHPで閲覧できる。問い合わせは市総合政策部広域連携推進室(電0277・46・1111)へ。

若者目線でバスマップ

おりひめバス路線マップを作成した関さん、横倉さん、石原さん(左から)

関連記事: