仲町に焼き芋専門店「おかけのお芋」オープン

 桐生市仲町二丁目の広見通り沿いにこのほど、青空の下で営業する焼き芋専門店「おかけのお芋」がオープンした。寒さに負けず、耐熱れんがを用いてサツマイモを焼くのは岡田優香さん(38)=同市新宿=。ほくほくやしっとりなど、糖度の高いさまざまな品種のサツマイモを日替わりで販売する。

 夫が仲町でラーメン店を営んでおり、同店専用駐車場の活用を模索していた岡田さん。「大好きな焼き芋なら小さなスペースで営業できる」と、市外の専門店で修業を積んだ後に開店した。店名は「旧姓時代のあだ名の『おかけ』から取った」という。

 品種はシルクスイートや紅はるかなど、味や食感にこだわって選んだものを1日2種類、日替わりで提供する。

 屋外での営業ともあり、通行人などが立ち寄るそう。「外でも集中してやってるから大丈夫、気合です」と寒さをしのぎ、笑顔で営む。

 価格は100グラム100円。毎週火・水・土曜日営業。午前10時から午後3時半まで。雨天休業。場所は開運寿しのはす向かいで、豚骨アンテナヌードルズの駐車場。

仲町に焼き芋専門店

オープンした「おかけのお芋」。青空の下、お客さんとも会話が弾む

関連記事: