午後から大雪に警戒を、平地でも最大15センチ予想

 前橋地方気象台は22日朝、県内は同日午後に平野部でも大雪になる恐れがあるとして警戒を呼びかけた。

 気象台によると、前線を伴った低気圧が発達しながら本州の南岸を北上し、22日夜には伊豆諸島付近を通過する見込みだ。

 県内は22日昼すぎから雪が降り始め、23日未明にかけて続く見込み。23日午前6時までの24時間降雪量は、南部の多いところで、山地で20センチ、平地でも15センチと予想している。

 気象台は大雪による交通障害に警戒するとともに、路面の凍結、カーポートや農業施設などの倒壊、電線などへの着雪、倒木などに注意を呼びかけている。

関連記事: