けさ相生一で住宅全焼、焼け跡から遺体、住人か

 23日午前7時20分ごろ、桐生市相生町一丁目の無職、江原幸夫さん(70)方から出火したと119番通報があり、木造2階建て住宅約90平方メートルを全焼し、約2時間後に鎮火した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。この家で1人で暮らしていた江原さんの兄の無職義和さん(75)と連絡が取れなくなっており、桐生署は遺体は義和さんとみて身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

 桐生署によると、近所の70代男性が「1階から火の手が上がっている」と119番通報した。

 通報した男性は「駆け付けると2階にいる義和さんが見えたので『火事だ』『すぐに下りてこい』と声をかけたのだけど…」と話した。

 現場は東武線立体交差近く。警察と消防が出火原因を調べている。

相生一で住宅全焼

焼けた江原さん方(23日午前7時38分)

関連記事: