凍る夜空に赤い月、「皆既月食」楽しむ

 地球の影が満月を覆う「皆既月食」が1月31日夜、全国各地で観察された。桐生みどり地域でも午後9時51分から同11時8分まで、赤銅色に染まった満月が出現。多くの市民が真冬の天体ショーを楽しんだ。

 国内での皆既月食は、2015年4月以来。ただ、前回は12分しかなかった皆既食の時間が、今回は1時間17分と長く、観測しやすい条件が整った。

 心配された天気も薄雲がかかる程度。午後8時48分に覆い始めた地球の影はゆっくりと月を食い、同10時前には皆既食に。

 皆既中の月が赤銅色に見えるのは、地球の大気を通過した太陽光のうち、波長の長い赤い光だけが月に届くため。

 午後10時の桐生地区は、ほぼ0度という厳しい寒さ。それでも、神秘的な赤い月を一目見ようと、多くの市民が夜空を仰いだ。

 次回の皆既月食は7月28日。午前4時30分に皆既が始まる。月食の全過程が観察できる好条件での皆既月食は2021年になる。

関連記事: