悪役商会が爆笑ショー 俳優の八名信夫さん囲み

 俳優の八名信夫さん(77)が27日、みどり市大間々町の大間々ゴルフ練習場ホールで「楽しき井戸端会議」と銘打ったショーを開いた。自身が率いる「悪役商会」の俳優4人とともに、歌あり寸劇あり爆笑トークあり、プレゼントや記念撮影もありとサービス満点のショーを展開。観覧した約80人の市民らは、顔は怖いが心はやさしい5人の悪役との触れ合いを楽しんだ。

八名信夫さん

観客とジャンケンする八名信夫さん(左、大間々ゴルフ練習場ホールで)

 「井戸端会議」は、俳優生活55年を迎えた八名さんがファンらに恩返しをしようと、全国各地の小さな会場に出向いてファンと交流するボランティア巡業。

 大間々町では、約20年前にながめ余興場で悪役商会の芝居「エーおせんにキャラメル」を公演して以来、剣舞の社中「心彰流剣舞剣彰会」主宰の高田禎彰さんと交流しているほか、八名さんが元プロ野球東映フライヤーズの選手時代に同僚だった桐生高校OBの黒崎武さん(72)=みどり市笠懸町=とも親しいなど「縁がある土地」(八名さん)。今回は高田さんが八名さんらを招いた。

 ステージでは、プロ野球選手から俳優に転身した裏話や「1200回は殺された」という悪役人生、「青汁」のCM出演が大きな転機になったことなど、楽しいエピソードを交えての爆笑トークを繰り広げた。

 悪役商会の4人も殺陣のスロー再生や歌など、テレビでは見せないコミカルな表情で笑いを誘った。八名さんとじゃんけんして勝つともらえるプレゼントコーナーや、全員で「まずい! もう一杯」と声を掛け合う青汁の試飲会、記念撮影やサイン会など盛りだくさんのひとときに観客は大満足していた。

関連記事: