アルファロメオコーナーを特設、クラシックカーフェスin桐生

 群馬大学理工学部キャンパスを主会場に11月2日開かれる「第9回クラシックカーフェスティバルin桐生」(実行委員会主催、桐生タイムス社など共催)の車両募集が8日から始まった。

 今回はイタリア車・アルファロメオの特設コーナーを設ける予定で、その目玉として招くのが1933年製の「8C2300」という車種。戦前のアルファロメオを代表するレーシングカーだ。

 フェスティバルの参加対象は1975年以前に生産された国内外の原則自走可能な車両。募集は展示170台、ラリー60台。参加費は展示3000円、ラリー5000円。締め切りは9月12日。申込書はホームページ(http://www.kiryu
cci.or.jp/ccf/index.html)から入手できる。

 問い合わせは事務局(桐生商工会議所総務課内、電0277・45・1201)まで。

関連記事: