「だまされたふり作戦」奏功、特殊詐欺グループの一味逮捕

 特殊詐欺グループに現金を要求された女性が「だまされたふり作戦」で送った偽の宅配便を受け取ったとして、県警捜査2課と桐生署は18日、詐欺未遂の疑いで、東京都墨田区押上三丁目、内装業平岡文俊容疑者(74)を逮捕した。平岡容疑者は現金受け取り役とみられ、「荷物を受け取ったことは間違いない」と供述している。

 逮捕容疑は氏名不詳者らと共謀し、11日、氏名不詳者が金の取引会社の社員を装って桐生市の無職女性(61)方に電話をかけ、女性の名義を借りて行った金の取引がトラブルになっているかのように装い、「金融庁の人が私の自宅にも来た。600万円用意してほしい。お金が入らないと裁判になり、あなたのご主人や家族の銀行口座が差し押さえられてしまう。500万円でもいいから用意してください」などとうそを言い、17日、東京都台東区の指定場所に宅配便で現金500万円を発送させてだまし取ろうとした。しかし、同署に相談した女性が「だまされたふり作戦」で偽の宅配便を発送。18日、宅配便の集配センターで荷物を受け取った平岡容疑者を逮捕した。

 同署によると、女性は金の取引トラブルの解決金名目で、5日に200万円、9日に180万円を宅配便で送らされていた。

関連記事: