桐一高サッカー部、乾選手J2千葉へ

 桐生第一高校サッカー部の乾貴哉(いぬい・たかや)選手(18)が来季からJ2ジェフユナイテッド市原・千葉に入団することが決まり、17日、同校で記者会見に臨んだ。桐生第一出身のJリーガーは5人目。乾選手は「小さいころからの夢なのでうれしい。感謝の気持ちを忘れず、一日でも早く試合に出られるように努力を重ねていきたい」と語った。

J2ジェフ千葉の齋藤テクニカルダイレクター(右)と握手する乾選手

J2ジェフ千葉の齋藤テクニカルダイレクター(右)と握手する乾選手

 身長187センチ、体重63キロの長身ディフェンダー。高崎市出身、小学2年でサッカーを始め、前橋ジュニアに所属。前橋ジュニアユースをへて桐生第一サッカー部へ。空中戦での強さ、豊富な運動量を生かし、攻撃にも積極的に参加。高校2年時、全国高校サッカー選手権大会県予選の決勝・前橋育英戦で決勝点を挙げ、チームを全国大会出場に導いた。

 会見に同席したジェフ千葉の齋藤和夫テクニカルダイレクターは「背が大きいが左足でのボールの扱いがスムーズ」と特長の一つを挙げ、「国内では長身のサイドバックが少ない。パスの精度を上げるなど武器を持ち、力をつければ、注目される戦力になる」と期待を寄せている。

 乾選手は今年2月にジェフ千葉の練習に参加。パスをつないでサイドから攻撃するスタイルに「自分の持ち味を生かせると思った」という。チームは来年1月15日に始動、乾選手は学校行事との調整をしながら合流する。

 兄の乾大知選手(桐生第一─流通経済大─J2ザスパ)との兄弟対決の可能性に、「ずっと背中を追ってきたので対戦したい。楽しみ。兄弟関係なくぶつかっていく」と力を込めた。

関連記事: