街うっすらと白く、平地で初積雪

 「南岸低気圧」の影響で、桐生地方は30日早朝から雪が降り、市街地の地面や屋根などがうっすらと白くなった。平地の積雪は今冬初めて。

 前橋地方気象台は県内の広い範囲に大雪・着雪注意報を発令。雪は30日夕方にかけて降り続く見込みで、31日正午までの24時間降雪量は多い所で北部、南部の平地で10センチ、北部山地で20センチ、南部山地で15センチと予想。大雪による交通障害や路面凍結、着雪、ビニールハウスなどの損壊に注意を呼び掛けている。

 桐生市消防本部調べの積雪量は正午現在0センチだが、雪は降りしきり、街では傘を差して歩く人が目立ち、小学校などではうっすらと積もった校庭で雪とたわむれる子どもたちの歓声が響いた。

 気温も上がらず、正午現在、桐生市で0・7度と前日より5・6度も低い厳しい冷え込みとなった。

 雪の影響は、正午現在、桐生地区のJR・私鉄は平常どおり運行したが、東武伊勢崎線の一部列車に運休や遅れが出た。道路でのスリップ事故はなかった。

関連記事: