真夏の祭典最高潮 桐生八木節まつり

 7日開幕した桐生八木節まつり。夕方の雷雨が上がるや、待ってましたとばかりに、祭り好きの市民や観光客がどっと繰り出し、桐生市の中心街には幾重もの人の輪、人の波が生まれた。愛知県から訪れた学生は「初めて訪れたが、これほどすごいとは」と、人びとの熱気に驚いた様子。まつりは9日まで続く。

150808_Kiryu_Yagibushi 8日夜には桐生祇園祭の翁鉾巡行、四丁目鉾の展示、子ども八木節などの行事が行われる。また、9日はジャンボパレードやダンス八木節などの人気行事が続き、各町の八木節やぐらでは、踊り手たちがエネルギッシュに踊りまくる。真夏の祭典はいよいよクライマックスを迎える。

関連記事: