桐生市文化祭が開幕

 第68回桐生市文化祭(桐生市、桐生市教育委員会、桐生市文化協会主催)が8日、開幕した。シルクホールではオープニングセレモニーも開かれ、バイオリンを中心としたオーケストラ「桐生グリューネオーケストラ」が「きらきら星」を奏で、花を添えた。

 6月12日まで、桐生市展4部門をはじめとする25の参加行事と7の協賛行事が行われる今年の文化祭。

 初日はシルクホールではオープニングセレモニーに続き、桐生グリューネオーケストラなど中学、高校、社会人の吹奏楽、管弦楽のグループ10組が出演する市民音楽会「吹奏楽・管弦楽」を開催。

 同館では交流川柳大会、市民将棋大会、市民囲碁大会が、市立中央公民館市民ホールでは観世流謡曲群馬県連合大会が開かれたほか、新川公園では協賛行事として「あそびの広場」が行われ、大勢の家族連れでにぎわった。

関連記事: