終わってみて

 ここ数日、暑かった。きょうはいくぶん過ごしやすそうだが、気象庁の3カ月予報では今年も7月、8月の気温は高めということで、今から気が滅入る▼先日、民間気象会社ウェザーニュースが今シーズンの花粉症について「かなりつらかった」と回答した人が23・6%で、昨年と比べ2・6%も増えたとするアンケート調査結果を発表した(22日本紙掲載)▼加えて発症期間が例年と比べて「長かった」と回答した人も41%もいた。回答は約29500人から得たという▼実際、自分を含め、周囲の〝花粉症持ち〟からも「きょうも、ひどいね。たくさん飛んでる」「朝、目があかなかった」との会話を連日交わしていたような気がする▼スギ花粉はもちろんだが、今年はヒノキ花粉が超攻撃的で、例年にはない症状「咳き込む」が出た。早めに薬を飲み始めたが勝てず、毎日マスク▼シーズン前には、さまざまなメディアから、花粉症とさよならする体質改善などの情報が発信される。実際に試してみて効果があったという人も身近にいる一方、今シーズンから花粉症になったという人も▼終わってみれば、その苦しみを忘れてしまうのだが、こんなデータをみると早くも来年が気になる。(ほ)

おいしさ

 料理店で食べた米ナスの味が忘れられず、わが家で挑戦してみた。ナスを焼いたら皮をはぎ、だし汁にしょうゆ、酒、みりんなどでつくった漬け汁に浸して冷ます。結果、味はまずまずなのだが、店で食べた料理のうまさからはほど遠い▼おいしいと思ったらまねてみることは基本で、もう一つ、コーヒーのドリップについても、ある喫茶店のマスターの作法を眺め、それを実行している。これまでのやり方から、少し変えるだけなのに、味が変わってしまうから不思議▼先日、群馬大学理工学部で開かれた未来創生塾の味覚実験を取材したが、そのとき、ニンジン嫌いな男の子が、「鼻をつまみ、すりおろしたニンジンを食べたら、味が分からずに食べられた」と話していた。もちろんそれは「おいしい」という次元ではないが、「食べられた」という喜びが、子どもにはある▼私たちはいったい何をもって「おいしい」と思うのだろう。宝田恭之教授は、甘味、酸味、塩味、苦味、それにうま味のバランスだけでなく、食感、見た目、香り、温度、親しい人との会話、食卓の環境など、構成要素は多彩だという▼だとすれば、料理の腕はさておき、改善できる要素はありそう。希望がわいてくる。(け)

2コンテスト新設 「祇園」新聞や鉾の曳き違いも

 官民の構成団体で分担する11の委員会から約60人の委員が出席。4月の前回会合で各委員会から募った第50回記念特別事業(予算額800万円)の企画内容や予算の大枠を決めた。

吾妻山登頂1万回の人

 夜来の雪がやんであたりが一面の銀世界になった早朝、だれもいないことを見越して吾妻山に登ったのは、さて、20年以上前のことだったか。山頂は深い雪に覆われていて、山肌から立ちのぼる雲の切れ間にのぞく市街地をひとりながめて、朝日が顔をだすのを待っていた。

みどり市職員給与カットへ 7月から来年3月まで

 政府が東日本大震災の復興財源として地方公務員の給与引き下げを求めている中、みどり市の石原条市長は23日、市議会6月定例会に職員給与引き下げの条例案を提案する考えを明らかにした。桐生市は、県内12市でつくる県市長会(会長・清水聖義太田市長)で足並みをそろえる動きがあることも踏まえ、「現段階では実施の可否を検討中」としている。