Tag Archives: キッズバレイ

仕入れから販売まで 小学生対象に体験プログラム

 小学生が駄菓子の仕入れから商品をアピールするための販促物づくり、販売までを体験する「だがしやチャレンジ」が今月からスタートする。NPO法人キッズバレイ(松平博政代表理事)の「きりゅうアフタースクール」事業の一環で企画した。2月と3月の講座を経て、桐生天満宮骨董(こっとう)市などでにぎわう4月5日に販売イベントを開く。

地域の人材を先生に 仕事・まち学ぼう

 子どもを核にした活性化を掲げて活動するキッズバレイ(松平博政代表、NPO法人設立申請中)は地域で活躍する人材を“市民先生”として登用し、子どもたちにさまざまな体験型プログラムを提供する「きりゅうアフタースクール」を展開する。その第1弾を10月5、6日の2日間、桐生市内で催す。今後は行事として恒例化し、人材発掘を進めながら、プログラムの種類と内容を充実させていく。

子育て世代に「起業」提案 キッズバレイ

 子どもを核にした地域活性化を掲げるキッズバレイ(NPO法人設立申請中、松平博政代表)は8月10日、桐生地域地場産業振興センターで「群馬ベンチャーサミット」を開く。団体設立後初の事業で、若者や子育て世代に起業という働き方を提案し、地域に雇用を生み出すのが狙い。ビジネスプランコンテストは参加者を公募し、優秀な事業には専門機関が出資する可能性もある。

子ども核に活性化を 「キッズバレイ」来月誕生

 子どもを核に地域活性化を目指そうと子育て世代の親らが中心となり、NPO法人を立ち上げる。名称は「キッズバレイ」。“子どもたちのため”をキーワードにさまざまな職業の人たちがしがらみを取り払って連携しながら、子育て支援と産業振興を含めたまちづくり活動を進める。有鄰館で6月1日、設立総会を開く。