Tag Archives: クラシックカーフェスティバル

相性のいいゲスト

 「大衆的な車は1トン100万円、つまり1グラム1円です。ほかの加工品は最低でもグラム2円はする」。これは、工業製品としての車の完成度について、2000年夏、当時の山田製作所社長宮野英世さんが桐生倶楽部で聞かせてくれた話である。

木工ミニカーレース 全国に先駆け公式プレ大会

 11月3日に開かれる「第8回クラシックカーフェスティバルin桐生」で、木製ミニカーのレース「MOKU1─GP(モクワン・グランプリ)」が初めて催されることになった。来年から全国各地で本格開催されるのを前に、公式プレ大会として行う。会場に合わせ、車両キットも特別仕様でクラシックカーにする。レース参加者の募集を始めた。

ホンダが初協力 F1カー2台展示

RA272

 群馬大学理工学部キャンパスで11月3日に開かれる「第8回クラシックカーフェスティバルin桐生」(実行委員会主催、桐生タイムス社など共催)に本田技研工業の協力を得られることが決まった。栃木県茂木町のホンダコレクションホールに保存されている初期のF1カー2台が目玉として当日展示される。