Tag Archives: 桐生市立特別支援学校

桐生特支中1年・荻野さん、絵画で最優秀賞

 桐生市立特別支援学校中学部1年の荻野秀大(おぎの・ひでひろ)さんの絵画作品「夏休みの思い出」が、第21回全国特別支援学校文化祭で最優秀賞を受賞した。東京で行われた授賞式に母の尚美さん、山野玲子校長と出席した荻野さんは「緊張した」けれど、名前を呼ばれると練習通りに「ハイ!」と返答、壇上で賞状を受け取って、またひとつ、自信につながった。

「地震防災活動マニュアル」を作成、来月には訓練も予定

 東日本大震災から2年半。桐生市立特別支援学校(桐生市菱町二丁目、小山敬司校長)は、独自の「地震防災活動マニュアル」を作成して全校教職員や保護者と共有、もしもの事態に備える。校舎は障害児・者とその家族の「福祉避難所」となり、子どもたち個々に必要なものをまとめた「防災グッズ」の備蓄も2学期初めに完了。10月にはマニュアルに沿った防災訓練を予定している

静かにがんばりました 特支校中学部、初の座禅体験

中学部生徒たち

 桐生市立特別支援学校(小山敬司校長)の中学部生徒12人が18日、初めての座禅を体験した。同じ菱町二丁目にある古刹(こさつ)、泉龍院(大澤弘之住職)に出向き、道場に座ったもので、指導した大澤尊光副住職は「静かによくがんばりました」と語っていた。