Tag Archives: 桐生織物協同組合

9産地の織物一堂に、「絹でつながる」展開幕

 桐生織物会館2階で23日から、織都桐生千三百年記念事業の目玉の一つ「絹でつながる日本の産地展」(桐生織物協同組合主催)が始まった。桐生を含む関東7産地と、帯地の三大産地として全日本帯地連盟をともに構成する福岡・博多、京都・西陣の計9産地の着物や帯、服飾工芸品337点が一堂に並ぶ様子は壮観だ。27日まで。

桐生織物工組を採択 JAPANブランド育成支援

 桐生織物工業組合(後藤隆造理事長)が国の「JAPANブランド育成支援事業」に採択された。織物産地桐生としての産地ブランド構築に向けて今年度、ニューヨークを中心にした米国市場の可能性を調査する。

来年「織都1300年祭」 織物組合が開催計画

 桐生織物協同組合(後藤隆造理事長)は織物産地として公式に記録が残る714年から数えて2014年でちょうど1300年を迎えるのに合わせ、「織都1300年祭」を来年開催する計画だ。今年度中から準備を始め、具体的な内容などの詳細を詰める。